塾講師の仕事とは

塾に通うということは、現代の日本の社会において何も珍しいことではなくなりました。学校では賄いきれない勉強の部分を、積極的に補っていくためにはなくてはならないといっていいでしょう。特に受験対策ともなれば、専門の知識や対策案を持っている進学塾は、必須項目であるともいえます。

そんな塾で働く塾講師の仕事内容は、知識を教えるということにつきます。学校の教師とは違い、専門の免許などは必要がなく、高い知識があれば仕事に就くことが可能です。そのため、募集要件としては、4年制大学卒業者や見込み、専門教育課程を受けてきたプロフェッショナルになってくるといえるでしょう。

見込みでもいいということで、現役大学生がアルバイトで行っている場合もあります。現役ですから、常に勉強と隣り合わせであり、受験テクニックもかなり新しいものを学んできているはずですので、仕事内容ともマッチしやすいといえるのです。

基本からすれば知識を授けることができれば、塾講師の仕事として成り立つわけです。しかし、現在の塾講師ということを考えていくと、生徒と接するということを重視してコミュニケーション能力も必須になってきています。これまでのように、大人数をいっぺんに教える体系から、個別授業や少人数クラスといった生徒との距離が近い授業形態が増えてきたこともあるでしょう。

学習計画の立案ということも重要な仕事です。短期的な指導のみならず、長期的な指導も塾の大事な活動となってきているため、常に先を読み最新の情報を分析して立案していくことも求められてきているのです。

 

Copyright © 2014 塾講師の仕事内容 All Rights Reserved.